スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2019.09.10 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    不動産不況

    0
      これからしばらく、不動産価格は下がります。

      たとえばヤフーの広告を見ていても、顕著に現れています。
      不動産関係の広告がいっぱい!
      「購入資金プレゼント」
      「来場者にもれなくプレゼント」

      売れる時期は、そんな広告必要なかった。
      売れないから、その他のおまけをつけておびき寄せてる(笑)
      そうとしか見えませんね。


      住まいをお探しの方、
      不動産投資に興味のある方、
      購入希望の方にはチャンスですおてんき

      現金化を焦る投売り物件、
      競売物件などが市場にどんどん出てくるからです。

      しかし、下がるといっても相場というものがあって、
      それ相応の最良現在価値で購入するのが望ましいですが、
      「もう少しさがるかも?」と思って待っていると、
      他の人が買ってしまったり、
      買い時ラッキー嬉しいと思って買った物件が、
      案外高値だったのを後から知ったり。
      適正価格の判断は、なかなか難しいもの。

      『今が買い時ですよ〜』と甘い言葉をささやく営業マンには
      要注意なのはもちろんですが、
      不動産業者には、紳士のフリした詐欺師が多数混ざっています。
      見分けることは困難です。

      話を聞くことは有益ですが、
      大事なことは自分のペースで、自分で決めることです。
      時間をかけて、冷静に判断することが必要ですよ。
      ぴたっとハマル物件が、必ずありますから!


      私が不動産を買うときに決める方法があります。
      現地に出向きそこの雰囲気を肌で感じ取るというやり方。
      ココロを落ち着けて物件の中や、表に立ちます。
      「やっぱり良い」と感じれば、買い
      「なんだか、気が乗らない」と感じれば、別の物件を探します。


      良くあたりますよ。



      ご相談は、今すぐ不動産のゆめみらい
        お気軽におたずねください。


      売却を考えているお客様へ

      0
        文房具屋さんで売っている、
        ごく当たり前の「消しゴム」が、
        もし一万円だったら???


        漫画家の手塚治虫さんが使ったとか、
        特別な由緒あるモノなら別ですが、
        誰もこんな高い「消しゴム」買わないですよね。

        そう、世の中のほとんどのモノには、
        相場というものがあって、
        それにかけ離れれば離れるほど、
        売れにくくなっていきます。

        不動産だって、そう。
        不動産にも相場があります。


        ゆめみらいでは、売却価格を算定する場合、
        物件査定書はもちろん作成しますが、
        近隣の相場の調査も行います。
        売れ筋の間取りや、色あいなどの市場調査も行います。
        充分に市場調査をして、売却価格のご相談をいたします。

        誰しも自分の持ちモノには愛着があって、
        安値を付けたがりません。
        おまけに高値で売れたらお小遣いだって増えるなあ、
        なんて考えてしまったりします。

        だから、高値に設定しがちです。
        査定は、売主様の考える価格とは低くなる場合もあります。

        消しゴムと不動産の違うところは、
        量産されたものではないので、
        [同じものがない]というところでしょうか。

        たまたま、相場より高いものがひょっこり売れたりします。
        しかし、それは滅多にないケースです。


        一定期間が経過すると、少しずつ値段を下げていきますから、
        結局、売却になる価格は、
        当初に査定させていただいた価格に落ち着くことが多いですね。

        高値で出してしまったがために、
        購入希望者の土俵に乗らない可能性が高くなります。
        最近では、ネットで自由に探せるし、
        購入を検討している皆さんは、ずいぶん勉強なさってますから。

        売却まで時間がかかってしまった分、
        売主さんにとっては、よくないことでしょう。

        棚ぼたを期待しじっくり待つか、
        はたまた、早く売却したいか?
        理由をあげて、じっくり説明してくれる業者に売却を依頼しましょう。



        中には、複数の業者に査定を頼んで、
        一番高値の業者に依頼する方がいますが、これも危険です。
        わざと高値を提示して気を引いておいて、
        だんだんに値引き交渉する、という業者の手口です。

        他の業者との競争に勝ち抜く不動産業者の知恵ですが、
        お客様のためには、これっぽっちもなりません。

        その不動産業者が買い取ってくれるわけではありませんからね。

        複数の業者から相場を得て、
        自分と気があって、信頼できる業者を探していく〜というのが、ベストです。





        不動産取得税について

        0
          不動産を購入すると、忘れた頃にやってくる税金。
          それが、不動産取得税です。

          仲介させていただいたお客様には、
          事前に幾らくらいになりそうだという試算をして、
          どの時期に来るかということをお話しさせていただいています。

          金額はあくまでも概算になりますが、
          不動産はやはり大きな金額ですから、税金も大きな金額になる可能性が高いもの。
          知らずにいると、びっくり仰天してしまいますからね。
          少しですが、これもお客様へのサービスの一つです。


          さて、夏に土地を購入なさったお客様のところへも、その税金はやってきました。
          「こんなんが来たんじゃ〜」というお客様に、
          届いた納税通知書を見せていただいたところ、どうも金額が試算したものとあいません。
          税金に関しては、詳しくは税理士さんに聞いてもらうのが本筋ですが、
          試算がこれほど違っては〜 不動産の税金に関しては少しばかり知識があります。

          お客様に了承を得て役所に聞いてみました。

          不動産取得税は、そもそもその土地の固定資産評価額を元に算出されます。
          しかし、この土地。
          もともとあった大きな土地を、一部分割(分筆)して購入したもの。
          だから、その部分だけの固定資産税評価額は無いんですよね。

          で、役所としては、無いものはどうしようもないからと単純に面積按分して算出しただけだったんです。

          だけど、分割によって条件が変わりました。
          二方向道路が一方だけになり、面する路線価も違います。
          奥行きや間口の大きさだって変わったのです。

          単純な面積按分をすると実際より高値で評価されてしまったと同じになり、
          かかる税金も多くなってしまいます。

          そこで、役所にそのことを伝えて正しい評価を行ってもらうようにお願いしました。
          何万円かはわかりませんが、たぶん支払う税金が安くなるはずです。

          払うものはすぐに払うってタイプのお客様でしたが、
          少しお小遣いが増えたかもです。
          役所から支払い通知が届くと、無条件に信頼して支払う人が多いと思いますが、
          こんなケースもあるのですね。
          (私から見れば、役所の怠慢〜という感じがしましたが・・・)
          何はとこあれ、よかった、よかった拍手


          不動産に関することは、どんなことでも、まずはご相談くださいね〜
          ちょっとだけでも、お得になることがあるかもしれませんよ。


          金色の文字orマークの名刺

          0
            金の文字
            金のロゴマーク
            筆で書いたような文字

            ひと昔、ふた昔前のことではではありません。
            今もあります、そんな名刺。

            こんな名刺を頂くと、
            暴○団関係の方かな?とちょっとびっくり

            世の中はクリーンな方向へと向かいつつあるというのに、
            暴○団関係者と思われるだけでも、
            企業イメージのダウンだと思いますが

            各企業の好き好きで、
            それをかっこいいと思うなら、
            どんどん使えばよい、とは思いますが・・・

            金の名刺って、
            不動産関係の会社に多いんですね、実は。

            キチンと統計をとったわけではありませんが、
            ◎あっという間に、明日から来ません方式で辞めていく人がいる
            ◎営業マンの携帯番号が、くるくる変わる
            そんな傾向が多いです。

            要注意かもしれません



            PR
            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << December 2019 >>
            広島ブログ
            広島ブログ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 住まいブログへ
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座