そのまんま買取り 社長の想い♡

0
     弊社ゆめみらいでは、新しい事業 「そのまんま買取り」 を始めました。

    事業開始にあたって、社長が熱い想いを語っております。
    お暇なときに、読んでみてやってくださいね♡
    (ちょっぴり、長いです)



    近年、人口減少や高齢化の進展により、管理されない空き家が増加しています。
    そのような空き家は放置され廃屋となって、いろいろな困った状況が発生しています。

    取り壊すためには費用がかかります。
    貸そうとしても、莫大な費用をかけてのリフォームが必要となります。

    売地にもできない、賃貸にも出せない。売れないし、貸せない。。。。 
    固定資産税だけを払い続けていると、建物はさらに劣化していきます。 
    台風が来てあちこちが壊れていき、やがて皆さんの想像する「廃屋」になります。 

    こうした廃屋が社会問題になっているのです。 

    ちょっと待って!! 幾らでも生かす手段があります!
     廃屋を作らないために、空家問題をこれ以上増やさないために、
    不動産業者の私たちに何か出来ることはないだろうか? 


    そして、私たちは立ち上がりました! 


    不動産業者ですが、建設業の免許もあり一級建築士事務所でもあり、数々のリノベーション実績を持っています。 
    家財の処分などの煩わしい作業は全て引き受けて、最大のお手伝いが出来ます。 

    日本では家の寿命がきわめて短く、数千万円の投資が30年ほどで無価値になります。 
    そうしなければ、次の家が売れないからです。
    新規住宅着工件数を高い水準に維持しようとした結果です。 
    日本人が頑張って働いた結果が、寿命の短い家に投資され、
    やがてそれは廃屋になりゴミになります。 
    ものすごい勢いで人口が増えていた頃、家がどんどん建ちました。
    でも、もう人口は減り始めています。
    もしも家の寿命が何百年ももつならば、これから家は余るはずです。
    もう建てる必要は無いはずです。 

    でも、寿命が短いおかげで今日も新築の家が建ち、
    数十年で無価値になることに莫大な投資をしています。 
    人口増時代の経済システムのまま人口減少時代に入ってしまった日本では、
    まだ暫く、経済システムの不具合を、個人が背負わされるのでしょう。 

    幼い子ども達を道連れにした無理心中の報道も、
    ちょっとずつ増えてきたような気がします。

    それを、「社会保障制度の不備」なんて言葉でごまかさないで、
    経済システムそのものを変えていく努力が必要だと思います。 

    私たちのリノベーションなら、家に新しい価値と息吹を吹き込むことが出来ます。 あなたの思い出の家に、新しい家族が思い出を重ねていく・・・素敵だとおもいませんか? 

        ゆめみらい株式会社 
              代表取締役 折本 緑








    そのまんま買取り 始めました

    0

      弊社ゆめみらいでは、新しい事業「そのまんま買取り」を始めました!

      「空家問題」深刻になってきていますね。
      不動産業者として、少しでも役に立てないか?と考え、知恵を絞りました。
      不動産内に家財や不用品などがあっても丸ごと買い取り致します。



      お住まいになっていた、お父様お母様がお亡くなりになったり、
      便利のいい街中へお引越しされたり、
      使われない、管理されない、そういった空き家が増加しています。

      別に住居を持つ相続人さんにとっては、
      解体するにも、リフォームするにも費用がかかり、
      家財等の処分や掃除をするにも手間がかかり、
      とっても多くの負担を強いられることになりますね。

      固定資産税だけを払い続け、
      手を入れていない空き家は、やがて“廃屋”へと劣化していきます。
      これが、「空家問題」のはじまりなのです。


      この状況を少しでも解決するために「そのまんま買取り」は生まれました


      不動産業者であり、建設業の免許もあり、一級建築士事務所でもある私たち。
      リノベーションの実績も多くあります。

      これまでリノベーション用に買い取った物件では、
      様々な状況に出会い、あらゆるモノを処分し再生させてきました。
      そのノウハウを生かし「煩わしい作業は全て引き受けて現金化」して、
      相続人の悩みを、一気に解消いたします

      営業エリアは広島市および近郊です。
      一軒家だけでなくマンションの一室、古いビル、廃工場、荒地などにも対応していきます。

      改装だけでなく、
      不動産業者ならではの視点で新たな土地活用の方法を探ります。
      査定や仲介手数料は無料ですから、
      お気軽にご相談くださいね。

      「思い出の家に新しい価値と息吹を吹き込み、新しい家族が思い出を重ねる。そんな素敵な事業に育てたい」そう思っています。

      詳しくは、こちらから。



       


      金融機関の貸し渋り

      0
        ないのか、あるのか?
        担当大臣と金融機関との間で、議論になったりしていましたが。

        現場サイドからみると、あるが正解です。

        政府の対応策は、全くと言っていいほど効き目がありません。
        先に公的資金投入を決めてしまうからいけないんです。銀行に余裕を与えてしまった結果、今回の混乱のすべてが終わるまで鳴かず飛ばずを決め込んでしまいました。預金者保護という人質があるからできる技でしょうが、民間ならとっくに倒産です。

        貸し渋り、言葉を換えれば、慎重姿勢。しょんぼりやだな。一句出来てしまいました〜

        投資用物件を購入したいと金融機関に相談したお客様。
        担保評価が非常に厳しくなっているようです。
        そのお客様の財務内容は良好で、この春には別の物件を購入なさいました。
        融資が下りず、買えないとわかってお客様のほうもびっくり。

        今のこのご時世だからこそ、出てきた良質な物件。
        しかし、投資物件が買えないというだけではなく、事態はもっと深刻です。
        売主も、売って現金が欲しいのでしょう。
        本業での運転資金などでは融資してくれないから、まさに身を切って売っている状態なのですよね。
        銀行がこんなに貸し渋りをすると、購入サイドも多額の頭金をねん出しなければならず、購入が難しくなります。一部のキャッシュをたっぷりもっている人にしか、買えなくなるというわけ。

        しかし、いくら美味しそうなケーキだとしても、そんなにたくさん食べることはできませんよね。不動産投資だって同じことが言えます。
        キャッシュを持っている人が、エンドレスで不動産投資をするって考えられません。

        売主の会社も資金繰りが成り立たず倒産という可能性もありますよね。
        そして、仲介する不動産業者も仕事が成り立たず倒産という可能性も。
        何人、何百人の人が職を失うのでしょう?


        ご相談は、今すぐ不動産のゆめみらい
          お気軽におたずねください。



        PR
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        広島ブログ
        広島ブログ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 住まいブログへ
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座