年金対策 − 年金制度&金融商品

0
    年金に対する不安
    夫婦二人で60歳から平均寿命まで生きた場合にかかるお金は1億円以上かかるというデータがあります。公的年金だけではゆとりのある生活は出来ません。
    ご定年後夫婦2でゆとりのある生活を求めるのであれば月に40万円程度の収入を期待したいところです。

    自己責任時代の年金対策
    公的年金が不安視される時代、経済的にゆとりのある老後生活を送るためには、自分自身の努力で老後資金を得る必要があります。
    個人年金は、年金契約という手続きによって法的に守られていますが、契約先金融機関が破綻した場合など、高リスクを背負う事になります。結局、個人年金も金融商品の一つなのです。
    平均寿命が延びている現代においては、比較的ご負担ない取り組ができる確定年金など期間が決まっている商品であっても不安はあります。
    月々の払い込み料金が割高な終身年金などの商品も、負担なく取り組みする事は困難です。




    ご相談は、今すぐ不動産のゆめみらい
      お気軽におたずねください。


    年金対策 − 不動産投資で老後の資金

    0
      安心の老後のために、不動産収入を老後の収入に充てる
      不動産投資は、場所を厳選したり、始めるのに莫大な資金がかかるのでは?などど、難しいと思われがちですね。
      しかし、他の年金商品と違い、不動産投資の最大の違いは、ローンの返済に充てるお金のほとんどが入居者からの家賃。
      ですから、不動産投資を始めることで、入居者がオーナーの年金の積立金(家賃)を支払い、更に他人資本でできた不動産という資産も手に入るということが他年金商品との最大の違いです。

      物価に連動した収入
      また、不動産は、数字の決まった年金商品と違い、家賃はその時代や物価に連動している為、将来的なインフレ対策にもなります。

      このことから、貨幣価値が目減りをしていく中にあっても、安心して老後をむかえる為に年金対策として不動産投資を始める方が増えてきています。

      年金の代用と言うだけではなく、節税面でのメリットもあります。さらに資産として、マンションは残り、オーナーが死亡された後でも、遺族の方に家賃収入と不動産を遺産として残すことが出来ます。

      不動産投資は最も有効的な資産形成・運用方法であり、低資金で安心して始めることの出来る資産運用と言えます。




      ご相談は、今すぐ不動産のゆめみらい
        お気軽におたずねください。


      PR
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      広島ブログ
      広島ブログ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 住まいブログへ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座