<< 当選者発表★ | main | 年末年始 お休みのお知らせ♪ >>

2016年12月

0

    貸家・アパート経営で悩む多くの大家さんへ、前回に引き続き、弊社ゆめみらいの空室対策ノウハウをお伝えします。単身者向けの物件は、春の異動期を逃してしまうと一年後の異動期まで空室のままという恐れもありますからね、今のうちからできることを準備して、春に備えましょうか。

     

    管理業者さんとのお付き合い

    ほとんどの大家さんが、不動産業者に管理と客付けを依頼していますね。ですが前号でお伝えした通り、業者は緩むと手抜きをします! 巡回&清掃の契約が果たされていないことが良くあります。時々物件を訪れ、不潔な感じが無いかチェックします。目を光らせましょう。

    また、孤独死が増えてきていますよね。人の死という重苦しさの他に、また貸し出せるようにお部屋を元通りにキレイにする費用がかかり、通常の退去の営繕費用の何倍もかかります。発見が遅れると(ご飯時には読まないでね)異臭が室内に蔓延するだけでなく、人体からの液体が床にしみ込み、どこからか蛆虫が発生し。。。ああ、そりゃもう大変な状況になります。発見が早ければ早いほど、物件への被害は少なくなりますよ。ポストに郵便物が溜まってないか、洗濯物が干しっぱなしでないかも見てみましょう。

    そして、最近はインターネットからの来店が殆どを占めていますから、キチンと掲載されているかチェックしましょう。色々なキーワードで探せるか? 載っている写真はキレイか? など、気が付いたことはドンドン申し出て、改善してもらいます。

    このようにして、業者の動きをチェックし密度濃く連絡を取ります。業者の元へは膨大な量の物件数が入りますから、覚えてもらえたもの勝ち。紹介されやすくなります。また、厳しくて侮れない大家さんだなと印象付けると、「ウルサイ大家さんの追及から逃れたい」という心理が働いて、早く決めてくれるかもしれませんね。所詮は人間がすることなので。また、時にはおやつを差し入れして、嬉しい大家さんな面も見せましょうか。所詮は人間がすることですから。

     

    キーボックスと携帯電話

    空室の鍵は誰が持っていますか? 管理業者へ渡している場合が多いと思いますが、管理業者から情報をもらった別の業者が、お客様をご案内することがあります。鍵を手配し案内するのですが、その時、管理業者の定休日や営業時間外には、鍵の受け取りができませんね。業者は、せっかく来店してくれたお客様を逃すまいと、その時案内が可能な別の物件を勧めてしまいます。

     


    上の写真。キーボックスという道具です。中に空室の鍵を入れて、空室のドアにぶら下げておきます。ダイヤルをあらかじめセットした番号に合せないと開きません。これがあれば、夜間でも休日でも、いつでもすぐに案内できます。その分、決めてもらいやすくなります。管理業者に要望して取り付けてもらいましょう。

     また、大家さんへちょっとした質問や相談が寄せられる事がありますから、固定電話だけでなく、出先でも連絡が受けられるように携帯電話の番号を知らせておきましょう。

     

     

    フリーレントとキャンペーン

    単身者向けの物件をお持ちの方は、フリーレントを検討してみては? フリーレントとは、「ある一定の期間を無料で貸す」という仕組み。一般入試以外に早くから推薦入試で決めてしまう学生さんがいます。その中には、進路も決まった事だし何かと慌ただしい春に住まいを決めなくても、今のうちに…と考えて冬に部屋探しする人もいます。そんなかた向けに、実際に住むことになる4月から家賃発生とするのです。貸主にとって、空室の状態が続くのは困ったことです。ヘタするとさらに翌年も空室のままという最悪な状態よりも、家賃は入らないけれど、春の入居の予約を受けたも同然なこの仕組み。検討の余地は充分ありますね。

    また、周りの物件の家賃相場が下がって、今の家賃設定では入居者に見向きされなくなった場合。そんな時は潔く値下げしてしまいましょう。改装工事代が○○万円もかかったから… 設備に○万円かけたから… ソロバン勘定は厳しいですが、いずれにせよ入居者から家賃が入らないと意味がありませんよ。

    そうすると気になるのが、同じ建物に前から入居している人との家賃額の差。入居済みの全部の家賃の値下げが必要か?とよく聞かれますが、必要ありません。「期間限定キャンペーン」と称して、その期間だけ値下げをするとよいのです。【新春キャンペーン】とか、【がんばれカープ!今年も優勝だ!キャンペーン】とか、何でもOKです。「自分の家賃と違うじゃないか!」というクレームには、「キャンペーンの時の入居者さんなので家賃が安いのです」と説明ができますし、募集中の空室の家賃が安かったとしても、「キャンペーン中なのです」と伝えられます。

     

    どうです? 管理業者や入居者に対するソフト面を中心に、裏ワザやら小技やらご紹介しました。もうやってるよ!という方は素晴らしい♡ 面倒くさいのでやらないよ、空室のままでいいやと考える大家さんもいらっしゃるかなぁ。そんな方は、売ってしまうのも手ですよ。今は売り時なので、高値で売却できます。(東京方面だと利回り2%で取引されているのだとか)実質家賃収入の20年分くらいが売却益として一気に手元に残るとしたら・・・今後20年間、空室やクレームに悩まされるのとどちらがいいか?ですよね。売却益には税金がかかりますから、その時は大場税務会計さんにご相談してくださいね。ではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     


    仲介手数料が無料になるサービス
    家財がある、そのまんまで買い取る 「そのまんま買取り

    不動産の事なら何でも
    今すぐ 
    不動産のゆめみらい ぴかぴか
    お気軽におたずねくださいムード

     

     

     



    スポンサーサイト

    0

      • 2017.09.19 Tuesday
      • -
      • 12:42
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      PR
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      広島ブログ
      広島ブログ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 住まいブログへ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座