<< ゴールデンウィークお休みのお知らせ♪ | main | 2017年6月 >>

2017年5月

0

    このたび購入したビル。ちょっとビックリした。ウチの会社では、古い建物を買ってリノベーションして再販するというのを年間平均5棟位やっているので、手を入れる必要のない美しいのからお化け屋敷のようなのまで、色んな建物を取り扱ってて、それなりに耐性ができてるというか、ちょっとやそっとではビックリしないんだけどね。

    それが、入居者の殆どがワケあり生活保護者だったんだよね。路上生活者にアパートを借りさせて生活保護を申請させた上で、生活保護費をピンハネするというヨロシクないビジネスってのがあるんだけど、そのピンハネの餌食感が濃厚な生活保護者なんよね。とある不動産屋の「名前だけ社長」が個人保証人になってる。

    生活保護費の中には家賃が役所から支給される住宅扶助というのがあって、それを役所から大家さんへ直接支払ってもらえる仕組みがある。多分、本人に渡すと払わなくなる可能性があるからなんだろうね。その手続きの書類を出そうと、それぞれの入居者をひも解いてみると、こりゃまぁ、出るわ出るわ〜で、名前を変えている人(誰かの養子になって苗字を変えると別人になれることを悪用)、外国人が日本人と籍だけ入れて保護費受給してる人、居住の実態が無いのに、そこに住んでいるとして保護費をもらう人。。。

    調べていくと不正受給の臭いが、あちこちからプンプンする。それらの費用って私たちの税金で賄われているんだから、絶対に許したくないし、実態と違う事をウチの会社も書類として出して手続き出来ないし。それで、支給元である役所にその実態や事情を伝えたわけ。するとね、「前の大家さんは受け取っていたので、受け取ってもらわないと困る」って。再審査はしないらしい。「受け取らないんなら、いずれにせよ本人に支給するので、未収になるかもしれませんよ」って、ちょっと脅されたりね。おいおい、違うでしょ?

    小学校中学校の教科書の裏表紙等に「この教科書は(略)国民の税金によって無償で支給されています」って書かれてて議論を呼んでいたけれど、公務員さんの給与明細には、「あなたの給与は国民の税金によって賄われています」と載せてあるんだろうか? そして、生活保護費受給者の支給明細にも、思いっきりでっかく載せてほしいね。

     

    ピンハネがしてるかどうかは分からないけど、広島駅の辺りのホームレスに声かけて、住居を確保して生活できるようにさせるっていうのは、良い事かもしれないね。そこから自立の道が開けるかもしれないし、「観光都市広島」にとってもね、路上生活者がウヨウヨいる広島の玄関口じゃ恰好つかないし。ある意味、闇の清掃屋?なんだよね。

    ついでなので暴露してしまうと、生活保護は受けてなくても、変わった入居者は他にもいる。

    家賃滞納が続いてる若い男の子がいてね、事情を聞くと、3日も何も食べてないっていうのよ。日本屋根の瓦の補修の仕事をしてて、あったりなかったりで不安定らしい。汚れた作業着をね、洗わないの。何度か着て汚れたら部屋の片隅になげといて、次を買う。それ繰り返してるから、汚れた作業着が山盛りになってる。

    話してみるととっても素直な子なんだけど、幼いころに親が再婚して継母に育てられて、中学卒業して独立したらしい。どこかオドオドした感じ、責任感は持ってない様子。

    で、結局。その時の家賃の半額の物件に引っ越してもらってね。家賃が安くなったその分から、滞納家賃を分割で払ってもらって、手元にも少しお金が残って。そんな段取りをつけたんだよね。

    日本瓦自体少なくなっていくし、先細りで不安定な仕事を辞めて、コンビニとか食べ物を扱うところでバイトしなさい、廃棄した食べ物をゴミ箱から貰えば、食べることが出来るからって、生活指導みたいな事までしてさ。私も相当、お人好しだよね。

    で、お弁当屋さんでアルバイトが決まって、食べられないってことは無くなったらしい。滞納も無くなったしね。顔も明るくなったし、良かったね〜なんて喜んでたんだけど、しばらくすると、また滞納が始まった。遂には、連絡が取れなくなっちゃってね。いわゆる、夜逃げってヤツ。

    従業員の撮ってくれた、もぬけの殻の部屋の写真を見ると、なんだか物悲しくて切なくて。胸が締め付けられる。

    シンプルで家具が一つもない何もない部屋。敷きっぱなしの汚れた布団があるだけ。当然、枕も毛布もない、ヨレヨレなせんべい布団。真冬には寒かっただろうにねぇ。おそらく一度も掃除したことない大汚れで不衛生極まりないお風呂や流し台。

    洗濯や掃除をするとか、お布団にはシーツかけて使うって、親から習った記憶は無いけれど。。。親からネグレクトされて育ったんだろうね。どんな幼少期を過ごしてきたのだろう。孤独に育ち、生きていく基礎力を持たない青年。友達は居るのだろうか? 夢を持って過ごせているのだろうか? はぁぁ切ない。これを救う公的な支援ってないんだろうか。

     

    なんだか、世の中が変な方へ向かってっちゃってる気がするよ。裏社会。これぞ闇社会。この業界にいると、否が応でも目にしちゃう。困ったことに、自然と色んな度胸が付いちゃうんだよね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    仲介手数料が無料になるサービス
    家財がある、そのまんまで買い取る 「そのまんま買取り

    不動産の事なら何でも
    今すぐ 
    不動産のゆめみらい ぴかぴか
    お気軽におたずねくださいムード

     

     

     

     



    スポンサーサイト

    0

      • 2017.10.14 Saturday
      • -
      • 11:22
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      PR
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      広島ブログ
      広島ブログ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 住まいブログへ
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座